在宅サービスとは?

住宅型有料老人ホームサービス付き高齢者向け住宅等の施設、勿論現在ご自宅でお過ごしになっていらっしゃる方も含め、介護認定を受けている方であれば、どなたでも在宅サービスを受けることができます。その種類としては、訪問介護、訪問看護、訪問入浴、訪問リハビリテーション、デイサービス(通所介護)、ショートステイ(短期入所)、福祉用具レンタル・購入等がございます。

介護認定の度合いによりそれぞれの持ち点数があり、その点数の範囲内であれば1割負担にてサービスを利用できます。点数を使いきってしまった後の残りの日数(1ヶ月毎)にて、サービスを利用しようとすると10割負担になりますので、ご注意ください。

具体的な利用の内容としては、ヘルパーによる食事・排泄・入浴等の生活介助の他、バイタルチェック(体温、脈拍、血圧、呼吸数)やインシュリンの注射を行う看護師、車椅子や介護ベッドのレンタル等多岐に渡ります。同居されているご家族がお仕事等でご自宅を不在にされる方等は、日中にデイサービスに通われる方も多いかと思います。デイサービス先では、食事や機能訓練の他、レクリエーションや入浴サービスも行っております。※デイサービスには、児童や障害者デイサービスがありますので、ご注意ください。

有料老人ホーム等の施設への入所かご自宅で利用できるサービスを活用しながら生活されるかは、ご本人様の意思、ご家族のご事情、金銭的なご事情を考慮することになりますが、施設も様々な種類がありますので、入所される方のご状態により、向き・不向きによりお決めいただくことになります。

施設への入居をご検討される場合には、当センターがご希望に合う老人ホームをご紹介致しますので、お気軽にフリーダイヤル(0120-607-013)までお問い合わせください。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る