特別養護老人ホームとは?

65歳以上の身体または精神上に障害があり、要介護認定で要介護1以上の認定取得者が入居可能なホームになります。
老人ホームの分類でも色々ありますが、大きく分類すると公立と私立のような違いがあります。
特別養護老人ホームや軽費老人ホームなどは公立の老人ホーム。有料老人ホームなどは私立の老人ホームとして解釈されると分かりやすいかもしれません。

特別養護老人ホームでは、施設介護サービス計画に基づき、入浴・排泄・食事などの日常介護や援助、機能訓練などを行なってくれるホームになります。
利用料金も、利用者本人の所得により決定されますので一般的には家族負担が発生しにくく利用しやすい料金面になるのも特徴です。

最近建設されている特別養護老人ホームの多くはユニット型と呼ばれる個室対応でのホームになります。今までは大部屋(2人部屋や4人部屋)などが主流だったことから比べると、プライバシーの確保などにも配慮された形になりますが、個室料金(病院で言う差額ベッド代金)も発生してきます。

全国的に見ても利用希望者が非常に多く、「数年待機」「数百人待機」などと聞くことも珍しくありません。
特別養護老人ホームは原則として、ご家族様の施設への直接利用申し込みになっていることから、弊社で対応している老人ホーム紹介では対応できないことがほとんどです。

申し込みルールも各地域によって違いがございますので、各自治体に確認の上申し込みをされることがよろしいと思います。

特別養護老人ホームをお探しになる場合には、ご希望される地域の役所に直接お問合わせください。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る