床ずれとは?

床ずれとは、車椅子やベット上等で同じ体制で過ごされていた場合、圧迫・摩擦によって身体と接触面との間に血行が滞らなくなり皮膚に栄養、代謝障害が起きてしまうものをいいます。この状態が長時間にわたってまたは繰り返されてしまうことにより、寝たきりの方等の健康状態を左右します。

軽度の方では、接触面が赤くただれてしまい重度の方は、悪化により皮膚が腐ってしまい筋肉や骨にまで進行することもあります。

床ずれの要因は圧迫・摩擦以外に、排泄における失禁や発汗、栄養不良などの様々な要因があると言われています。まずは、「禁止行為」と「正しい行為」をしっかり見極めることが大切です。
「禁止行為」としては以下の行為があり、逆効果で床ずれを悪化させてしまいますので注意してください。このような対応を怠らないようにケアしていくことが、床ずれ予防・改善に繋がります。

禁止行為

  1. 床ずれ部分に刺激を与えるようなマッサージ
  2. 乾燥による肌荒れ
  3. 周囲の皮膚も圧迫されてしまうような安易な円座の使用
  4. 極度のベットアップ

正しい行為

  1. 清潔保持
  2. 除圧(寝たきりの方は、定期的に体位変換)
  3. 栄養補給

有料老人ホームは治療する場所ではないので、床ずれの重度の受け入れは難しい場合がありますが、病院または在宅で完治、改善が見られるようであれば対応して頂けます。
洗浄、保護材、ガーゼ交換などの処置が必要な症状の方は、看護士によるケアができる施設を選択すると良いでしょう。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る