パーキンソン病とは?

脳で作られる神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少して、神経同士の伝達がうまくできないために起こると言われていますが、はっきりとした原因が分っていないために治療法も確立されていない病気です。

パーキンソン病は高年齢者に多く、約1000人に1人の割合でかかる病気です。

パーキンソン病の症状は、手足、体の震えにはじまり、歩行が小幅でゆっくりになったりするなど、体の動きが遅く鈍くなるのが特徴的なので「年のせいかな」と思うことがよくありますが、単なる老化とは異なり、徐々に筋肉がこわばって、体の自由が利かなくなってゆきます。

薬物療法が基本になりますが、症状の進行を遅らせることはできても、進行を止めることはできません。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る