もの忘れとは?

老化現象の影響による生理的なもの忘れと、通常の老化による減少より早く神経細胞が消失してしまう病的なもの忘れ(認知症)とがあります。

歳のせいによるもの忘れは、ほとんど生活に支障がありませんが、病的なもの忘れは、日常生活に障害や支障をきたしてくるので、きちんとした診断と治療を受ける必要があります。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る