高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)とは?

国土交通省が定める「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(高齢者居住法)において、「高齢社会の急速な進展に対応し、増大する高齢者単身・夫婦世帯等の居住の安定を図るため、民間活力を活用し、高齢者の身体機能に対応した設計、設備など高齢者に配慮した良質な賃貸住宅ストックの早急な形成を促進」するため、「60歳以上の単身・夫婦世帯の方等を入居対象に、事業者がバリアフリー仕様や緊急通報装置の設置など一定の整備基準を満たして供給する高齢者向けの賃貸住宅」です。

高齢者の生活を支援するために、任意の付加的サービスを提供したり社会福祉施設等を併設することで、より安心して住み続けられる住宅となっているものもあります。

供給する事業者は、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、各種の支援措置を受けることができます。なお、平成19年度から地域優良賃貸住宅(高齢者型)として助成されることとなりました。
※建物、住戸、管理面の厳しい基準が設けられています。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る