骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは?

骨から主成分のカルシウムが溶け出してしまうために、骨に小さな穴が空いて骨の密度が減少し、骨の中が軽石やスポンジのようにスカスカになって折れやすくなる病気です。

骨折するまでは自覚症状がほとんどありません。

日本では、約1000万人の患者さんがいるとされています。

高齢者で腰が曲がったり、背が縮んだりしているのも骨粗鬆症からきています。

寝たきりになる原因は、一位の脳卒中に次いで、骨粗鬆症による骨折が占めています。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る