介護付きマンション(ケア付きマンション)とは?

マンションタイプの老人ホームで備わっている設備と介護にもしっかりと対応できるソフト面を両備えしている施設になります。
健常者として入居→終身に渡って本当に安心し、かつ高級感のある老人ホームで過ごしたい方に向いています。高齢者用のマンション+介護が必要になった際には、介護も看てもらえるマンションを指しますので、介護体制や併設している事業所が付いているものを言います。

建物の構造がバリアフリーでヘルパーステーションや訪問介護事業所、訪問看護事業所など介護が受けられる体制を併設した高齢者向けのマンションを指します。
造りも若い方向けのものとは違い、浴室やおトイレに手摺が付いているなど配慮がなされています。普通のマンションとの一番の違いは、緊急コールボタンが設置されているか、もしくは管理人が24時間常駐している点にあります。普通のマンションでは、そういった設備は付いていないのが一般的かと思われます。

身の回りのことができることが入居要件としている所が一般的で、自立した生活を送りたいが少しのサポートや安心感が欲しいといった要望に合わせた施設です。

介護が必要になった場合には、併設や隣接する訪問介護事業所やデイサービスを利用しながら生活を継続できます。介護付きマンションによっては、巡回や安否確認もサービスに入っている所もあります。
ただし、介護のご状態が重度になられた場合(訪問介護では対応が難しい場合)や認知症の症状の中でも徘徊・大声を出す等の行為がある場合に退去要件としている所がほとんどです(介護付き有料老人ホーム等でも同様)。

これまでは夜間の定期的な介護が難しいこともネックとして考えられていましたが、最近では巡回型の訪問介護サービスを行っている事業者も出てきてますので、介護付きマンションでも安心してお過ごしいただける環境が整ってきました。

サービスの内容は充実してきましたが、介護付きマンション(ケア付きマンション)では下記のような契約タイプに分かれてきますので、入居前に確認が必要です。

介護付きマンションの契約タイプ

  1. 終身に渡って同じ居室で生活をすることができる
  2. 健常な内は健常者棟で介護が必要になったら介護棟への移住
    介護棟への住み替えが必要になる老人ホームの場合、健常棟の時には50平米前後などの広い居室で生活をしていただきますが、介護棟への移住になった場合には20平米前後の居室になることも少なくないのでご注意ください。

料金的には、十分な設備と内容が整っていることもあり数千万円単位での入居一時金が必要になってくることが多いです。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る