介護施設とは?

厚生労働省の管轄の施設は、老人福祉法で定義されている有料老人ホームと、介護保険法上で定義されている指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム=特養)、介護老人保健施設(従来型老健)、介護療養型医療施設(療養病床)があります。

介護サービス付の高齢者専用賃貸住宅(ケア付高専賃)などは介護施設ではあるものの、国土交通省の管轄となります。

大まかに分けて、介護保険で被保険者に対してサービスを提供出来る施設と出来ない施設に分けられます。

介護保険が使える施設として在宅型と入所型に分けられ、在宅型は「通所介護」や「通所リハビリテーション」、「短期入所生活介護」などがあり、入所型では「グループホーム」、「介護老人保健施設」、「特別養護老人ホーム」や「療養医療施設」などがあります。

介護保険が使えない施設として、「養護老人ホーム」、「軽費老人ホームA型・B型・C型」、「健康型有料老人ホーム」、「住宅型有料老人ホーム」などがあります。使えないと言うと語弊がありますが、直接施設が介護保険サービスを提供するのではなく、訪問介護や訪問看護、デイサービスを利用する事は出来ます。

それぞれの種類をしっかり理解して、必要とするサービス・施設を利用しましょう。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る