介護老人保健施設(老健)とは?

「介護施設」と聞くと、一般的には長期入所の施設を思い浮かべる方が多いと思いますが、「老人保健施設」とは基本的には『中間施設』という位置付けであることが一番の特徴となります。

具体的には、入院された方や体調を崩された方など、「医療」「介護」「リハビリテーション」を必要とされる方の為の施設となっています。一般的な施設と大きく異なる点は、「リハビリテーション」に特化していることです。 リハビリテーションを中心とした医療・介護サービスを提供することによって身体機能の向上を目指し、最終的に『在宅復帰』を目的としています。その為、入所期間としては3ヶ月が目安となります。

また、入居の対象としては、介護保険制度を利用しての運営となるため要介護1〜要介護5までの介護認定を持っている方となります。原則は65歳以上の方となりますが、特定疾病(国で定められた疾病)をお持ちの方で介護認定が出ている方であれば、65歳以下の方でも利用できます。費用としては介護度や施設によって差があるものの、1カ月10〜13万程度が目安となります(多床室の場合。個室の場合は20数万円)。

リハビリの内容については各施設によって異なりますが、「介護サービス計画書」を作成し、理学療法(運動・マッサージ等)や作業療法(手作業や頭を使う作業)などを提供することが一般的に多くなっています。また言語聴覚士等が常駐している所は嚥下(飲み込み)や発声等の練習なども行っています。内容は施設によって異なりますので、入所前に確認を行う事が重要です。

その他注意点として、老人保健施設の場合、入所中に必要な治療(診察)・薬の処方等の医療に関する事は施設側が担当することになります。この「医療費」は施設側のサービス費として含まれる形となるため、保険請求が出来ないこととなっています。つまり、一部の例外を除き入所中は外部の医療機関の受診や服薬処方は受けられなくなりますので、定期的に高額な服薬代等が必要となる方は施設に入居を断られるケースがありますので、現状の服薬状況なども把握しておく必要があります。

介護老人保健施設をお探しになる場合には、ご希望される地域の役所に直接お問合わせください。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る