若年性アルツハイマー(病)とは?

40代から65歳までに発症するため若年性といいますが、65歳以上に発症するアルツハイマー病を老年性といいます。

老年性よりも進行が早く、症状も重くなるのが特徴です。ただし、誰もが患う病気ではなく、若年性で発症する方のほとんどは遺伝的な要因がほとんどと言われています。

症状としては物忘れが激しくなったり、場所がわからなくなる、感情のコントロールが出来なくなるといった部分は老年性でも見られますが、働き盛りの年代に起こりますので仕事の能率の低下や状況判断の困難、作業の継続が難しくなったり、鬱、不安感が多くなるといった初期症状が見受けられます。

アルツハイマー病に根本的な治療法は今のところありませんが、早期診断・早期治療することで、進行を遅らせる、症状を軽くすることができます。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る