人工透析とは?

人工透析とは、腎不全など腎臓の働きが低下した場合に、腎臓に代わって老廃物や毒素など血液の浄化を行う治療方法です。

身体は代謝エネルギーを作り出していますが、代謝によって老廃物や毒素など作られます。ですから、毒素を排出して体調が悪くならないようにしなければなりません。腎臓の浄化機能が衰えると、腎臓移植を行うか、人工透析で身体の浄化を行うしか方法がありません。昔は不治の病として怖れられていました。

現在、数十万人もの人が透析療法を受けていますが、透析をおこなって何十年も生活している人が大勢います。ただ、一度おこなう事になったら、死ぬまで透析を行う必要があります。
医療技術が進歩した現在も、腎臓機能を回復させる事は出来ませんが、人工透析によって身体の毒素・老廃物を取り除けます。この透析を行なうと浄化機能が補われるので、1週間に3回ほど透析を行ない、日常生活を送ります。

しかし、人工透析は長時間拘束されたり、食事制限があるのでいい事ばかりではありません。また、弊害もあります。それは、かゆみ等の症状が多くみられることです。どうしてもかゆみが我慢できないきは、かゆみ止めを塗ることになります。かゆみを感じるのは、ヒスタミンという神経物質が分泌されていることが原因です。しかし、この働きを抑える抗ヒスタミン薬は、この透析をおこなっている方には効きません。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る