インシュリン(注射)とは?

インシュリンとは何か?

インシュリンとは胃の後ろ側に位置する膵臓から分泌されるホルモンの一種です。膵臓にはランゲルハンス島と呼ばれる細胞があり、β細胞という細胞がインシュリンを作ったり、蓄えたりしています。インシュリンは生体内において血糖を降下させる唯一のホルモンで、そのホルモンが不足するためにおこる代謝異常のことを糖尿病と呼びます。

インシュリンの重要な役割

  1. 血糖値を一定の水準に保たせるための重要なホルモンです。また血糖値を下げる働きもしています。食事をした後などは、血糖値が高くなりやすくインシュリンの働きがとても大切になってきます。逆を言えば血糖値が正常に作用していない場合は高血圧なども引き起こす可能性も出てきます。医療面では主に糖尿病の治療薬として用いられます。
  2. 健康な方が食事をすると、その直後から膵臓からインシュリンが放出されます。
    インシュリンが出ることによって、ブドウ糖は細胞の中に取り込まれて栄養に変わります。
    でも膵臓が弱っているとその働きが低下し、インシュリンが必要量出てこなくなります。
    ブドウ糖はインシュリンがないと、細胞内に取り込まれないので、ブドウ糖が血液内にとどまってしまいます。これが高血糖状態を引き起こし、この症状が悪化することによりインシュリンを人工的に投与する必要が出てくる場合があります。

膵臓を守る

一番の働きがインシュリンを分泌することにあります。
アルコールの多量摂取などの暴飲・食べすぎの暴食などから膵臓の働きが悪くなることでインシュリンの分泌悪化につながっていきます。生活習慣病などを引き起こす要因になるため、普段からの節制なども大切な予防になります。

インシュリン注射について

体内にあるインシュリンが糖尿病などによって不足し、低血糖を起こすのを防ぐためにインシュリンを人工的に投与します。これがインシュリン注射です。

一般的にインシュリン注射が必要な場合

1型糖尿病(インシュリン依存型糖尿病)・糖尿病昏睡・感染症・手術・内服薬では血糖のコントロールが悪くなってきた時・妊娠時に食事療法のみでは血糖コントロールができない時・強い肝機能障害や腎障害があり内服薬治療が適当でない時・経口糖尿病が副作用で飲めない時。

1型の糖尿病はインシュリンの分泌量が極端に少なく、インシュリンを注射しなければ生命の維持ができないので必ずインシュリン注射が必要になります。
2型はインシュリンの量が足りない、または上手く働いてくれないケースなのでインシュリンがどのくらい作られているかによって使用ケースが変わってきます。

インシュリンの注入器・種類

現在、治療に使用されているインシュリンは色々な種類がありますが最近良く使われているのはペン型インシュリン注入器です。

ペン型インシュリン注入器の種類と作用

  1. 超速攻型
    すぐに効き始め、30分ほどでピークになり、持続時間は3〜5時間
  2. 速攻型
    30分くらい経ってから効き始め2時間ほどでピークになり、持続時間は6時間程度
  3. 中間型
    90分くらい経ってから効き始め、4時間ほどでピークになり、持続時間は24時間程度
  4. 持続効果型
    ピークは無く、持続時間は24時間〜28時間

インシュリン注射を行うときの注意点

糖尿病患者は一般的には「ケガが治りにくい」「合併症」などの諸問題がありますが、身近にある危険性で注意する点としては「低血糖症」があげられます。低血糖とは、血糖値が普通に生活するうえで必要なレベル以下になってしまうことを言い、血糖値が下がりすぎてしまった状態(空腹感・脱力感・冷や汗・動悸・手の振るえ・めまい・ふらつき・いらいらする・目がかすむなど)は放っておくと昏睡状態に陥るので大変危険です。

急なめまい、ろれつが回らないなどの症状が出た際には低血糖を疑い、速やかにブドウ糖を摂取する必要があります。外出時などには「角砂糖」「アメ玉」などを持ち歩くことをお勧めいたします

低血糖発作について

  • インシュリン注射で低血糖を起こすことがあります
    インシュリン注射を決められた量より多く打ってしまったり、打つ時間を間違えたり、食事の時間の間隔が空きすぎたりすることで、低血糖発作を起こすことがあります。
  • 低血糖になったら
    低血糖発作を起こすと、頭痛・吐き気・手足の震え・動悸・息切れなどの症状が見られます。
    さらにひどくなるとけいれんや意識障害がおこる場合もあります。低血糖症状がみられたら、すぐに血糖値を上げる必要があります。血糖値を上げるには糖分を服用します。(角砂糖や糖分の入ったジュースなど。)

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る