変化に応じたサポートが受けられる
自立/介護併設型の住まい「ライフ&シニアハウス」特集!

「ライフ&シニアハウス」は、「ライフハウス」と「シニアハウス」が同じ建物内に入っている老人ホームになります。お元気な方の住まわれる「ライフハウス」フロアでこれまでと同様の生活を続けられ、24時間の介護が必要になられた場合に、同じ建物内にある「シニアハウス」のフロアへの住み替えが可能になりますので、ご移動のご負担も少なく生活が継続できるのが大きな特徴と言えます。
住み替えができる老人ホームは理想だと思われますが、その数は意外と少ないのが現状です。自立型、介護型のどちらかに特化していることがほとんどであり、棟が異なり完全に生活を分けて運営をしている所もまれに見受けられますが、そのようなものを含めても両立している建物は決して多くありません。
特に昨今、お元気なうちから終身入居を望まれる方が以前よりも増えており、その必要性は益々増えています。

生活科学運営では、これまでも自立と介護を分けた建物を数多く運営をしておりますが、居室の移動だけで済む「ライフ&シニアハウス」シリーズも多く手掛けていますので、今後の施設展開にも期待したいところです。

ライフ&シニアハウスの注目ホーム

大阪府豊中市/各線「千里中央駅」

ライフ&シニアハウス千里中央

ライフ&シニアハウス千里中央

★24時間看護師常駐

千葉県市川市/JR総武線「市川駅」

埼玉県川口市/京浜東北線「川口駅」

愛知県名古屋市南区/名鉄常滑線「豊田本町」

ライフ&シニアハウスの特徴

自立型のライフハウスと、介護型のシニアハウスを1つの建物に併設したハウスです。24時間の見守りが必要になった場合は、ライフハウスからシニアハウスへの住みかえにより、原則として継続して同一ハウスで生活していただけます。

ライフ&シニアハウスの暮らし

日中1人で過ごすのが不安なライフハウス入居者には、シニアハウスの体操やお茶会への参加を提案したり、「昼食時だけライフハウスの食事を利用したい」というシニアハウス入居者の要望に応えサポート体制を組むなど、その方に必要な自立支援サービスを、フロアを固定せず柔軟に提供しています。

夫婦のどちらかが介護が必要になりシニアハウスに住みかえられても、原則として同じハウスで暮らすことができるのがライフ&シニアハウスのメリットです。

詳しくはそれぞれのハウスの特徴をご確認ください

ライフ&シニアハウスのその他施設一覧

東京都

埼玉県

神奈川県

愛知県

大阪府

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る