東京海上ホールディングス100%出資の東京海上日動ベターライフサービス株式会社特集!

ヒルデモアたまプラーザ3・ビレッジ介護保険開始と同時に老人ホームの運営を開始しましたが、ならすと1年に1箇所程のペースで施設数を増やしてきました。東京海上日動ベターライフサービスが運営している老人ホームは、高額帯の老人ホームですが着実にその数を増やしており、入居率の高さなど運営が順調であることが窺えます。
他社ではほとんど聞くことはないことですが、早くから海外に目を向け介護や高齢者の生活とはどういったものなのかを学んでいる企業ですので、介護業界の中でも介護の質の高さには定評があります。

問題行動がある方が入居されても、その行動がどういった原因からくるものなのかを究明し、その方の不安を取り除くことで穏やかに生活できるようになったケースなど、当センターからご紹介したお客様でもそういった事例があるだけで安心してご紹介ができます。恐らくどの紹介センターにおいても、不安を持つことなくご紹介ができる老人ホームではないでしょうか?それを可能にしているのは介護の手法もありますが、職員配置の手厚さもあります。
1.5:1(入居者:職員)の配置をしており、通常1.2〜1.3:1程の人員配置になっているそうです。
人の目がある環境だからこそ、入居者の生活パターンや嗜好まで拾いあげ、穏やかな生活が過ごせる配慮を先回りできるのだと思われます。
そうした接客・介護の質の高さを守り続けている東京海上日動ベターライフサービスの今後の展開に注目です。

東京海上日動ベターライフサービス株式会社が運営している有料老人ホームシリーズ

東京海上日動ベターライフサービス株式会社の企業理念

「品質で選ばれる介護事業者」を目指しています

東京海上日動ベターライフサービスは、「ヒルデモア」「ヒュッテ」というブランド名で、神奈川を中心に東京・京都・長野の4都府県で11ヶ所の介護付有料老人ホーム(504室)を運営しています。(2013年7月現在)
お客様の「老いて豊かと語れる暮らし」を実現するとの経営理念のもと、手厚い介護・看護体制によるきめ細やかなサービス、そして直営キッチンによる安全でおいしい食事を提供し、「品質で選ばれる介護事業者」を目指しています。

コーポレートメッセージ  〜私たちの想い〜

私たちの出発点は、介護の先進国デンマークにあります。コペンハーゲンにある高齢者住宅の見学に行った私たちは、そこで、食事はいつ食べてもいい、どこへ出かけてもいいという自由で開かれた雰囲気を体験しました。老いや障がいがあっても、人々はごく普通に暮らしていたのです。

もちろん、文化や生活習慣の違う日本で、デンマークとまったく同じサービスを提供することはできません。でも、「介護が必要になっても、安心して自分らしく暮らせる。そんな住まいを提供したい」という想いが私たちの心にめばえました。

その想いを胸に、2000年12月に初めてのホームを開設して以来、ご入居者やご家族の皆様とともに一日一日を大切に積み重ねてきました。これからも、お客様の「老いて豊かと語れる暮らし」を実現するため、私たちは品質の高い介護サービスを提供してまいります。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る