有料老人ホーム・介護施設を見学するときのポイント

有料老人ホームの入居検討をするにあたり、欠かせない項目のひとつが見学になります。見学をすることで検討ホームの全体像や内容など相談者側で把握することができる内容がパンフレットを見るだけよりは格段に上がってきます。

老人ホームに入居することで新しい生活がスタートします。生活をしていくにあたり「安心」「安全」「快適」な生活をお送りいただけるためにも下記の項目に着眼していくことをお勧めします。

見学するときのポイント

  1. 雰囲気は自分にあっているか?
  2. 必要な設備はそろっているか?
  3. 介護の内容は十分か?
  4. どのような質問をしたら良いのか?

では、見学時には上記項目のどのようにポイントを絞り見学をすれば、より内容の濃い見学になっていくのかを項目別に説明をしていきたいと思います。

  • 有料老人ホームは個人のプライバシーが集結している場所になります。
    見学希望の際には予約を取ってから向かわれることをお勧めいたします。
    急に現地に向かっても見学可能な時もありますが、場合によっては折角現地に行ったのに見学ができず悪い印象を持ってしまうことは、施設側・検討者双方にとってマイナスになってしまいます。

1.雰囲気は自分にあっているか?

「雰囲気」に関しては、見学時にお客様を迎え入れるホーム側の雰囲気や挨拶、利用者様とのコミュニケーションの測り方、応対の丁寧さなどで受け取る側(見学者)の有料老人ホームへの印象が大きく変わってきます。
この雰囲気というポイントは個々により大きく違ってきますので「馬があう・あわない」というように感じ取っていただければと思います。

2.必要な設備はそろっているか?

ご入居検討にあたり必須となるのが希望施設への見学になります。ここでは見学時にどのようなポイントを重視し見学をしていくべきなのか?また注意点などはあるのか?などをお伝えしていきたいと思います。
設備を見る際のポイントとしては下記のものが挙げられます。

安全性の観点

例として、机があったとします。この机の「高さ」「角」などをチェックしていくのも重要な観点です。
机が高すぎることで、その分いすも高くなる傾向があります。
高齢者にとって高い机は使いにくいものであり、危険性が高くなるものであります。逆に低すぎたとします。低すぎると車椅子利用者がいらっしゃった際に机の下に車椅子が入らず使い勝手の悪いものになってしまいます。

また入浴設備などは床面に滑り止めを活用しているのか?機械浴などはどういうタイプの機械を導入しているのかを見ていく必要があります。
機械浴の種類によって入居者様の身体状況とマッチしているのか?
が変わってくることも考えられますので、この辺も質問しながら理解していく必要があります。

次に居室になりますが、ポイントとして「トイレなど水回りの有無」「方角」「収納スペース」や「階数」「景観」を重視する傾向があります。
勿論、大切なポイントではありますが少し変わった目線で見てみましょう。
それは「ベッドを配置する位置とナースコールの位置関係」です。

居室面積が18平米や20平米超などの比較的広い居室や、新規で建てたれた施設では配慮されているホームが多いですが、改装型施設で居室面積に余裕がなかったり築年数が経っているホームなどでは、ベッドを置けるスペースとナースコールの配線の位置関係が不便になっていることが時折見られます。
理想としてはナースコールが設置されている壁面にベッドが配置できるスペースがあることになりますが、もし配線の壁面とベッドを配置する壁面が真逆だった場合、配線が床を伝うことなどが想定されてしまう場合があります。そうなると配線が足に引っかかり転倒してしまう恐れも出てきます。

高齢者で一番危険なのは安全そうで危険な段差・配置になりますので見学時には注意が必要になります。

使いやすさの観点

高齢者にとって、設備で使いやすいものとはどのようなものなのか?勿論、入居者皆様が身長も違えば残存する機能にも違いがありますので、一概には言い切れませんが「使いやすいもの」=「丁度良いもの」になります。

この「丁度良い」とはどういうことなのか?ですが基本的には「高さ」と「重さ」の関わりが大きいと思います。「高さ」に関しては前途の通りですが「重さ」とは?これは軽すぎても危険が伴いますし重すぎても使いにくくなり使いたくなくなるものになってしまいます。

一般的に高齢になるに従い筋力低下などが見られますが、最後まで力が残る箇所は指先と言われています。物に伝いながら歩く高齢者を想像してみてください。伝おうと支えにした物が軽すぎると支えになるはずの物が動いてしまい逆に危険になってしまいます。また、重すぎるもの(主に椅子が多いと思います)は非常に使いにくく、使おうとする気力を削いでしまいます。

従って、見学とは見るだけでなく「手に取り触り」「重さや安全性を考慮し」「利用者の立場になって」設備を堪能していくことが大切だと思います。

3.介護の内容は十分か?

有料老人ホームと言っても、内容的には様々になります。健常者向けから、認知症対応を得意としている所。重介護を得意としている有料老人ホームなど内容的にも様々です。
ここでは特徴をより理解しやすくするための内容をお伝えしていきたいと思います。

介護の職員体制

職員体制とは「利用者の人数に対しての介護職員の常勤体制」として考えていきます。一般的に「3対1」や「2対1」などの数字を目にしますが、これは「利用者3名に対し職員が1名以上勤務」として解釈をします。従って「1対1」により近い体制の方がより手厚い職員体制であると考えて問題ありません。
職員体制が手厚いことの最大のメリットはナースコールを押した場合などの「ちょっと待っていてください」が減少していくと考えるとわかりやすいかもしれません。

また職員体制が手厚い有料老人ホームは重度の介護が必要になった場合でも十分な職員の手がありますので、快適に生活するための援助がしやすい体制であるとも考えていくことが可能です。

介護方法

有料老人ホームは介護を提供するに際し、様々は介護手法を用いて行うことが多いです。大まかには下記の介護手法を行っているホームが多くなります。

  1. ユニットケア
    最大の特徴としては、入居者を身体状況別に10名前後のグループ(ユニット)に分け、担当の介護職員を配置する手法です。厳密に言えばユニット毎の浴室設備、食道、共用トイレを設置することにはなりますが、多くの有料老人ホームでは、利用者をしっかり区分けし少人数制で介護を行っていくことが主流です。この手法を用いることで介護職員も入居者様の身体状況をより細やかに理解でき、日々の少しの状態変化にも気づきやすいことが大きなメリットになります。
  2. フロアー分け介護
    ユニットケアに比べ利用者様の区分けの単位が人数ではなく、有料老人ホームの各階毎の区分けになります。従って人数も10名前後ではなく、もう少し人数単位も多くなり、身体状況の区分けも少しゆるやかになる傾向があります。ただ、基本的にはユニットケアの方針に基づき介護提供している所も多く、細やかな介護を提供する目的で対応していることが多いです。
  3. 混在型介護
    この手法は利用者様の身体状況別に区分けすることなく、介護を提供していく手法になります。ユニットケアなどに比べ、職員雇用の絶対数が少なく済むこともあり、利用料金としてはリーズナブルになる傾向があります。この手法を用いる有料老人ホームの多くは、家庭的で温かみのある施設雰囲気を作り出すことに力を注いでいることが多いと思います。また、介護職員も利用者様全員を把握することになりますので、施設内でのコミュニケーションが取りやすいことも特徴です。

リハビリ体制

老人ホームを利用することになる大きな理由としては、疾病やケガなどにより入院したことを機に、身体状況が低下してしまったことなどが挙げられます。病院で行ってきたリハビリを少しでも継続して行っていきたいという要望が多く、最近はリハビリ体制にも力を入れている有料老人ホームも多くなってきています。

理学療法士や作業療法士の常駐、また柔術整体師などを活用しマッサージと兼ね合いを持たせながらリハビリに取り組んでいる有料老人ホームが一般的です。また、リハビリ機材を導入し、パワーリハビリなどにも取り組んでいる所もあります。

そんな中、最近の有料老人ホームでは「個別リハビリ」を行う有料老人ホームが増えてきています。一週間に2〜3回、専門担当者と目標を定めリハビリに取り組み効果の増大を目的として行います。

ただし、有料老人ホームでも病院で行うリハビリに少しでも近づけるよう、努力されていますが病院でないこともあり出来るリハビリには上限があることが多いのでご注意ください。

医療連携

有料老人ホームは開設するにあたり医療機関との協力関係を結びます。協力する病院は各施設毎にクリニックだったり病院だったりと様々ですが入居検討するに際しては協力医療機関が、どのようなサポートを行ってくれて安心を提供してくれるのかが大切になってきます。

例えば協力医療機関がクリニックで往診(訪問診療)までも対応してく れる場合でも、緊急時の対応方法や体制、入院が必要になった際の病院紹介はどうなのか?なども重要になってきます。

一般的に往診に入ってくださるクリニックなどは内科を基本としていることが多いようです。疾患などにより専門的な診療科目が必要な際には注意することが必要です。

4.どのような質問をしたら良いのか?

折角、時間を使い有料老人ホームを見学したとしても見るだけでは本当の安心を得ることが難しいかもしれません。見学時には通常、入居相談員と言われる方が対応してくれるケースが多いので、心配していることなどを質問するように心がけましょう。
ここでは見学時にどのような質問をしたら良いものか?をお伝えしていきたいと思います。

入居要件を知る

有料老人ホームを利用するのだから、決められた金額を支払えば断られることはないだろう…。という相談は少なからずあります。ただ実際に入居可能なのかどうなのか?は施設側にも権利があります。例えば介護保険の認定がなければ入ることができない所や感染症(MRSAやC型肝炎など)があると利用できない所など様々です。折角気に入ることができた有料老人ホームでも入居要件にみたないことが無いように施設側の受け入れ要件を質問しておきましょう。

退居要件を知る

有料老人ホームの多くは「終身利用契約」になります。解釈次第では「どんな状況になったとしても最後まで入居可能」と思えなくもありませんが、実際のところは有料老人ホーム側で定めた介護の限界があるのがほとんどです。多くの所は下記の状況になった際の退居要件を定めているケースが多くなっています。

  1. 昼夜問わず日常的に医療面のサポートが必要になった場合
  2. 暴力・暴言などが日常的に出てしまう場合
  3. 費用面の支払いができなくなった場合

終身入居という言葉に安心せず退居しなければならなくなる条件や「どこまで介護をしてくれるのか?」を明確に質問しておきましょう。

保証人の責任範囲を知る

有料老人ホームに入居する際に原則必要になるのが連帯保証人になります。先ずは連帯保証人に課せられる責務を紹介します。

  1. 緊急連絡先としての責務
    利用者様の体調の急変時であったりレクリエーションなどが有償になる場合の意思決定先としてのものです。
  2. 利用料金支払いの責務
    利用料金の未納が発生した場合の保証などになります。また入居一時金を支払って入居した介護施設で未償却金(返還金)を残し退居された場合の返金先。
  3. 身元引受の責務
    いかなる理由を問わず退居する際の身元引受。

上記3点が大きな責務になってきます。

また保証人は何親等まで可能か?など詳細は有料老人ホームによって違いが出てきます。責任を伴う重要な検討だと思いますので質問し理解をしておくと良いでしょう。

見学する有料老人ホームの一番の特徴を知る

どの介護施設でも自分たちが運営する「ウリ」を明確にし運営しています。その特徴を知ることでその場所での生活を予想できたり安心することが出来る大きな要因になると思います。

周囲の噂話だけに惑わされず、ご自身で聞いて雰囲気を感じることが非常に重要になります。有料老人ホームの特徴を知るということは、入居者様や周辺家族のニーズに適しているか?の判断材料にも関わってくると思います。

入居時費用や月額利用料の他に必要な経費を知る

有料老人ホームでの一般的な月額費用は「家賃」「食費」「管理費」からなるものが多いです。中には表記方法が違ったり、料金明細を細分化している所もあったりしますので、パンフレットでご確認ください。

月額利用料金の他にも毎月どの程度の雑費が必要なのか?は非常に重要になってきます。特に施設毎に違いがある料金は「公共料金」「選択料金」が月額費用に込みになっているのか?という点になります。また、医療費であったり日曜消耗品代としてどの程度まで考えなければならないのか?なども質問されるとよろしいと思います。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る