老人ホーム選びのポイント

有料老人ホーム・介護施設を探す前に押さえておきたいチェックポイント

老人ホームを選ぶにあたっては人それぞれ基準が違いますが、大きく分けて費用、介護、サービス、雰囲気、施設があげられます。
予算内で自分は何が譲れて何が譲れないのか、優先順位をつけて、無理のない計画を立てましょう。以下に大まかなチェックポイントをあげてみます。

  1. 費用は自分でまかなえるか?
    入居にどのような費用がかかるかに関しては(かかる費用参照)にありますが、入居金や毎月の生活費は自分でまかなえるのか、まずはご自分の資金計画を立て、経済的に無理のない老人ホームを選びましょう。
  2. 介護はどこまでしてくれるのか?
    「最後までお世話します」という所がほとんどですが、「お世話」の内容は実に様々です。病気になったら、寝たきりになったら、認知症になったら何をしてもらえるのか、など「どういう時に何をしてもらえるのか」、具体的に確認する必要があります。
  3. 雰囲気は自分に合うか?
    見学、体験入所して実際にご自分で確認する所です。高級ホテルの様な所もありますが、施設の素晴らしさだけに目を奪われてはいけません。
    あるイギリスの有料老人ホームでは、食事の際に「ネクタイ着用」が義務付けられている所があります。日本ではこういった規則がある所は珍しいですが、こういった規則や雰囲気が「堅苦しい」と感じるか、「快適だ」と感じるかは人それぞれです。自分に合った所をじっくり選びましょう。
  4. 生活スタイルが自分に合うか?
    例えばAさんはいままで次のような生活スタイルを送ってきたとしましょう。
    「朝は11時頃起きてすぐにお風呂へ入ります。その後朝昼兼用で外のレストランで食事を取り、夕方から居酒屋でお酒を飲んで、夜は遅くに家に帰ります。」
    このような方が、次のようなルールがある所に入所したとしたらどうでしょう?
    「朝は7時起床、3度の食事は食堂で取る事。お風呂は夕方しか入ってはいけない。
    「門限は夕方6時」このような厳しいルールは非常に極端な例ですが、この有料老人ホームに入所したAさんは、いままでしてきた生活スタイルが何一つ実現できず、すぐにイヤになってしまうでしょう。
    施設選びにあたっては、「いままでの自分の生活スタイルはどうだったか」を今一度振り返り、ある程度自分の意向がかなう所を探しましょう。
  5. その他
    • 立地条件(都会がいいか、田舎がいいか)
    • 経営基盤がしっかりしているか
    • 食事はおいしいか、治療食は出るか
    • 自室でも料理ができるか
    • 買い物、病院など近くに便利なお店があるか
    • 交通の便はよいか
    • 共用スペース、自室も含めて快適な施設であるか
    • 24時間体制でケアが受けられるか

有料老人ホーム・介護施設を見学するときのポイント

  1. 必ず複数の人と行く
    一人で行かず、お友達や家族などと一緒に行きましょう。
    自分には気づかなかった事が発見できるかもしれません。
  2. 何度か足を運ぶ
    季節や天気、訪問時間、その日の気分が違えば印象や雰囲気も違って見えます。一度ならずも何度か行って、自分の気になる所をチェックしてきましょう。
  3. 他の有料老人ホーム・介護施設も見る(特に新設施設の場合)
    特に初めての見学で新設施設など、まだ完成していない場合、どんなものか実際の雰囲気などはわかりにくいので、同系列の所も見学してみましょう。系列が同じであれば、入居者が増えた時の雰囲気も想像しやすいかと思います。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る