認知症でも有料老人ホーム・介護施設は入れる!

認知症Q&A

老人ホーム全国ネットでは、毎日認知症でお困り・ご不安になられているご家族からご相談を頂いていますが、認知症と向き合うにあたっての種類や症状など様々なご質問があります。
そのご質問の中で、よく頂く基本的なご質問をご紹介いたします。
下記以外のご質問がございましたら、お気軽にお問合わせください。

お電話は0120-607-013(土日・祝日も受け付けております 9:00〜18:00)

「ぼけ」と「認知症」はどのように違うのですか?

「ぼけ」は正常範囲内の老化現象ですが、「認知症」との区別は大変難しいものです。
単なる物忘れなのか?あるいは、約束を忘れたり、道に迷ったり、日課をこなさない、だらしなくなる等の症状があらわれたら認知症を疑うことになるので、最終的には、医師の判断が必要になります。

認知症の原因はあるのですか?

認知症は脳になんらかの器質性の変化が生じて起こるものですが、その原因は非常に多様で医師の判断にゆだねられます。
代表的なものは脳血管性の認知症とアルツハイマー型認知症に分類されますが、アルツハイマー型認知症はその原因はいまだ特定されていません。

初老期認知症とはどんなものですか?

65歳未満に発症した場合に使われ、代表的疾患にはアルツハイマー病・ピック病・ヤコブ病・パーキンソン病・出頭症などあります。

治る認知症もあるのですか?

脳腫瘍・慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症等の外科的治療の対象となる疾患や脳血管障害や脳症や薬の副作用によるせん妄状態など治療可能な状態も少なくありません。

薬の副作用で認知症になることはありますか?

薬によって認知症が出ることがあります。
お年寄りは不眠や関節の痛みや皮膚のかゆみを訴えることが多いため、 睡眠薬、鎮痛剤、抗ヒスタミン剤等により意識が朦朧として認知症と間違われることがあります。この場合、薬を中止すれば症状は消失します。

引越しや改築・退職・引退等は認知症発症の引き金になると聞きますが本当ですか?

生活環境(引越しや改築)や社会的環境(退職・引退・配偶者との死別等)の変化が、どのように関与しているかはわかりませんが、きっかけになっていることは十分考えられます。

認知症でも有料老人ホームに入居することはできますか?

施設の種類にもよりますが、一般的な介護付有料老人ホームであれば、ほとんどが入居することができます。ただし、生活は集団生活が基本ですので、他の入居している方に御迷惑になるような行為(暴力や暴言など)がみられる場合には、入居をお断りされるケースも稀にあります。

当センターでは、認知症の方でも対応できる施設をお客様の代わりにお探しし、ご紹介しております。お気軽にご相談くださいませ。

メールでお問合わせ

お電話は0120-607-013(土日・祝日も受け付けております 9:00〜18:00)

グループホームとはどんなところですか?

一般的に、介護認定が要支援2、もしくは要介護1以上であり、医師から認知症であると診断されて、尚且つ自分の身の回りのこと(食事や排泄、歩行など)ができて、集団生活が営める方が入居できる介護施設です。
逆に、要支援になったり、身の回りの事ができなくなったり(歩行ができない、トイレが自分でいけないなど)なった場合には、退去を言われることがあります。

当センターでは、このような込み入ったご相談でも、現場経験の豊富な相談員が無料で対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る