<損保ジャパン、シダーTOB> 明治安田、ソニー等、保険業界、介護進出加速

2012年8月24日

〜ジャスダック上場は維持〜

介護業界等の業界特化型ファンドを運営するACA(東京都中央区)と損害保険大手の損害保険ジャパン(東京都新宿区)は、8月14日に介護事業者シダー(福岡県北九州市)に対する株式公開買い付け(TOB)を開始した。シダーではTOBへの賛同を表明しており、成立する見込み。

シダーの概要

  • 所在地 :福岡県北九州市小倉北区
  • 代表者 :山崎嘉忠
  • 設立 :1981年4月25日
  • 資本金 :4億3228万円(2012年3月31日現在)
  • 主要株主(持株比率):
    山崎嘉忠(25.40%)、ビジネストラスト(16.46%)、タチバナ(10.45%)、座小田孝安(4.98%)、取引先持株会(4.64%)
  • 売上高営業利益経常利益 :96億1400万円(2012年3月期連結)、4億2100万円(同上)、4億3000万円(同上)

保険会社と介護業界の関わり

  • 東京海上ホールディングス :「ヒルデモア」等のブランドで、高級有料老人ホームを11棟運営
  • 三井住友海上:東京・世田谷で高級有料老人ホーム運営
  • 日本生命:聖隷福祉事業団と共同設立した法人で高級有料老人ホーム運営
  • 明治安田生命:今年3月、新日鉄グループより有料老人ホーム「サンビナス立川」を承継
  • ソ二ーフィナンシャルホールディングス:来年度の事業開始を目標に、介護サービス事業への参入を表明

発行済株式の34%上限に取得

株式買い付けを行うのは、損保ジャパンが99.25%、ACAが0.75%出資する高齢社会戦略1号投資事業有限責任組合。買い付け期間は8月14日から9月13日まで。買い付け価格は1株610円。シダーの主要株主であるビジネストラストや創業者一族などとは8月13日付けでTOBへの応募契約を締結しており、彼らが保有する合計157万5200株(発行済株式数の27.45%)については取得が確実な状況だ。

なお買い付けは発行済株式の34.0%に相当する195万900株を上限として実施するため、TOB成立後もシダーのジャスダック市場への上場は維持される。シダー山崎嘉忠社長も続投する。また、シダーは損保ジャパンの関連会社となる予定。

ヘルスケア分野へ業務領域を拡大

ACAは2005年4月、日興アントファクトリー(現・アントキャピタル・パートナーズ)を母体としで設立され、介護業界への投資を行ってきた。かつては「はぴね」「シーハーツ」などのブランドで有料老人ホームを運営するアントケアホールディングス(現在は、グリーンライフに統合)の親会社でもあった。

損保ジャパンは2005年にオムロンヘルスケアとの合弁で生活習慣予防サービスの提供を行うヘルスケア・フロンティアジャパンを設立したり、2009年に保健指導サービス事業最大手の全国訪問健康指導協会の全株式を取得したりするなどヘルスケア事業に注力してきた。これに加え近年では介護サービス事業への参入についても検討してきた。

時間短縮の影響で四半期経常赤字

一方、シダーは、有料老人ホーム「ラ・ナシカ」の他デイサービスなどを全国で展開。本紙調べによると、今年7月末時点での高齢者住宅運営室数は全国22位の1712室(8月5日号参照)。13日に発表された2013年3月期第1四半期決算は、売上高約25億1000万円、営業利益約1600万円、経常利益は約3000万円のマイナスとなった。介護報酬改定に伴うデイサービスのサービス提供時間の短縮などが原因と同社では説明する。

損保業界では、東京海上日動や三井住友海上がグループ会社で有料老人ホームを運営している。また、ソニー損保の親会社ソニーフィナンシャルホールディングスも来年度の事業開始を目処に参入を表明した。

また生保業界では、今年に入り明冶安田が東京都立川市の有料老人ホーム「サンビナス立川」を取得するなど、保険業界が介護市場に進出する動きが加速している。

引用:高齢者住宅新聞 第225号

過去の記事一覧

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る