有料老人ホーム・介護施設へのご入居までの流れ

  1. 希望条件の明確化
    ご自分の生活スタイルの再考、資金計画(かかる費用参照)を立てる事により、また、ご家族の意向も確認いただく事でご自分とご家族の希望条件を明確にしていきます。
    ※ご家族の意向を確認するのは、面会の頻度によりご家族の近くの地域を探す場合があったり、ご家族が将来在宅で看る事を希望されている事があるからです。
  2. 情報集め
    色々な資料や情報を集め、希望条件に沿う老人ホームを絞っていきます。
  3. 見学、体験入居
    希望条件に沿う所が絞れたら、見学に行ったり、体験入居をしてみましょう。
    実際に見て、聞いて、ご自分の感覚として雰囲気や施設を評価して下さい。
    体験入居が行える所も多いため、数日から1、2週間をしてみる事で契約前のミスマッチを防ぐ事も出来ます。
  4. 契約条件の最終確認
    入居したい施設が決まったら、部屋の広さはどのくらいか、介護はどこまでしてくれるのか、別途費用となる項目はどういったものがあるのかなど希望の施設の契約条件を最終確認しましょう。
    本契約の前には必ず契約書や「ご利用者のしおり」などを良く読み、その施設から受けられるサービス、受けられないサービスが何なのか、明確にした上で契約しましょう。

ご契約に必要なもの(ご参考)

  1. 契約書2通
  2. 契約者の戸籍抄本
  3. 契約者の住民票
  4. 契約者の印鑑証明、実印
  5. 身元引受人の印鑑証明、実印
  6. 契約金振込み証明書
  7. 身上書(経歴、趣味、健康状態など)
  1. 引越しの準備
    本契約をすませたら、相談員の方と日程調整をしておき、新しい生活に備えて家具や持ち物を整理し、引越しの準備を始めておきましょう。
  2. ご入居
    いよいよ老人ホームでの新生活のスタートです!趣味などを通して、親しい方と楽しい老後をお過ごし下さい。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る