住宅型有料老人ホームの費用はどのくらい?|住宅型有料老人ホームの無料紹介・検索サイト

お客様のご希望の住宅型有料老人ホームが探せる!無料紹介・検索サイト

ピックアップ施設

 

グリーンフォレストビレッジ「楓コート」
[ 埼玉県熊谷市 ]
★温泉
★ペット可
ベーネ函館 悠楽の外観の画像

ベーネ函館 悠楽
[ 北海道函館市 ]

ご案内できる地域 ※住宅型有料老人ホームの一覧ではありません。色々な分類のホームも含みます。

住宅型有料老人ホームの費用はどのくらい?

介護付き有料老人ホームと同様に、ピンからキリまで様々です。抑えている所では、入居時0円からもありますが数十万円といった金額からあり、高額な所では1000万円を超える所まであります。
その違いは何なのかという質問を良く受けますが、「有料老人ホーム・介護施設の費用っていくら?」でも一部書いていますが、建物の豪華さや立地、居室の大きさや共有部分の充実さ等の不動産的要素と職員の配置等による人的要素が違いに表れます。

入居金だけでなく月額利用料も同じ理由で設定されていますので、月額利用料が高い所では、立地、居室の大きさや共用設備が充実といった理由と手厚さ(職員人数が多い)や看護師の常駐等の理由が関係しています。
平均金額としては、首都圏では17、8万円、その他の大都市圏でも15万円前後、大都市圏の周りの地域で13万円前後といった金額かと思いますが、地域的に競争が激しい一部の大都市でも11、2万円といった所もあります(高額な所では20万円を超えてきます)。

注意としては、その金額で過ごせるだけであって、介護の費用や居室の水道光熱費(一部の施設では管理に込み)、消耗品やその他の有料サービスが別途かかる点です。
但し、介護付き有料老人ホームと違うのは、例えば要介護1の場合、介護付きでは17,000円前後の介護保険サービス料が常にかかりますが、住宅型では介護して欲しい場面のみ訪問介護として依頼する事になりますので、17,000円まで使わないといった方がほとんどかと思います。また、介護サービスにだけ使うのではなく、デイサービスや福祉用具といった介護に関わるサービスに使う事も出来ます。
色々な用途に介護保険の持ち点数を配分出来るため、これまでの在宅生活の延長として過ごせる点と施設としての常に誰かがいるといった安心感があるため、住宅型有料老人ホームの方が良いといった見方も出来ます。

その一方でデメリットしては、「上乗せ介護費用とは?」でも書いていますが、点数を使いきった後に問題があります。
訪問介護で使われる点数の金額は、介護付き有料老人ホームで使われる点数よりも金額が高く設定されており、同じ介護度5でも介護付きでは27,000円前後の1割負担金額が、住宅型では36,000円前後の金額になります。また、その点数だけでは足りなくなる事がほとんどのため、10割負担で足りない介護サービスを頼むか、施設が設定している金額で頼む事になりますので、実際36,000円で済まない場合が多いのです(オーバー分はサービスとして行ってもらえる所も多くあります)。

上乗せ介護費用を取るか取らないかという問題は大きく金額の違いに表れますが、入居する際に取らないといった事を言っていたとしても、そういった状態になってみて無料では行えない程、手がかかってしまう場合には一部にしても請求されると思いますので、入居時には判断がつかないでしょう。
※手がかかるとは、想定以上の頻回なトイレ介助や入浴希望、通院介助など多岐にわたります。
上記の心配は住宅型有料老人ホームに限らず、介護付き有料老人ホームでも起こりうる問題のため、住宅型だからといった事はないかと思われますが、傾向として住宅型の方が、余分にかかる場合が多いと言えます。

住宅型有料老人ホームの無料紹介・検索サイト


ご相談・お問い合わせ来社相談FAXで問合わせる
入居相談・無料紹介お問い合わせ窓口


このページの先頭へ