当センターに寄せられたご相談事例

月額費用が安くて、入居中の施設と同等のサービスが受けられる老人ホームに転居させたい埼玉県C様のケース

  • ご相談者:C様 [ 娘さん ]
  • ご入居する方:C様のお母様 [ 70代  要介護1/ガン治療中・身体介護のみ ]

ご相談経緯

お母様はガンが見つかったことから入院し、退院後は自宅近くの有料老人ホームを利用していました。有料老人ホームの費用は年金で賄われていましたが、お父様が急に亡くなられてしまったことで、遺族年金では経済的に現在の有料老人ホームに継続して入居しつづけることが難しい上、家族からの資金援助は厳しいことから、転居を希望していらっしゃいます。

とは言え、現在利用中の有料老人ホームには大きな不満もないことから、家族としてはなるべく同等のサービスを受けることが可能で、地域的にも離れたくないとのご相談でありました。

ご相談者様のご要望

現在の毎月の利用料金は約20万円。本人の貯金を取り崩しながらの想定もありますが、お母様の年齢(73歳)が若いこともあり、長期的な費用面を最重要視していらっしゃいました。相談時の預貯金としては1,000万〜1,500万円はあるとの内容でした。

相談者の要望

  1. 毎月の費用をできれば10万円前後まで軽減したい
  2. 相談者も含め、家族が周辺エリアに集まっているので、面会を考慮し地域性も重視したい
  3. 定期通院が今後も必要なため、通院介助を行ってくれること
  4. 経営母体が安定していて倒産の恐れが少ないこと

当センターのご提案

現在、入居中の有料老人ホームに対しては不満がないとのことでしたので、気に入っている点や、新たに転居後の要望がないかをお話させていただきました。

ご相談者様の要望に対し、下記のような特徴を持ち合わせた有料老人ホームを提案させていただきました。

当センターの提案

  1. 月額費用を最大限軽減できるよう料金を重視した所
  2. 対応面を重視するため、大人数よりも少人数制で運営している所
  3. ご家族様が面会に行きやすい地域を重視した所
  4. 医療連携はもちろんのこと、協力医療機関であれば無料で送迎してくれる所
  5. 上場会社が運営していて安定感が高い所

ご相談の結果

月額費用を最大限減らしたいとのご希望が重要視されていたこともあり、入居時費用を増額することで月額利用料金を軽減できる有料老人ホームを中心にご案内させていただきました。

特に、現在利用している有料老人ホームは比較的少人数であり、個別の対応に力を入れている点を気に入っていたこともあり、利用中の有料老人ホームに雰囲気や対応面で近いという点なども考慮し、検討が進められていきました。

数施設を見学して比較しながら検討した結果、月額費用が希望より若干高いものの、ご家族様としても検討範囲内の料金帯の有料老人ホームに入居を決められました。

相談を終えて思うこと

全ての施設で行っている訳ではありませんが、入居時費用を増減することで、月額費用を希望に近く設定できるプランを活用された相談ケースでした。

当センターでは、相談員が無料でご相談を承っております。些細なことでも結構ですのでお気軽にお問合わせください。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る