ご病気でも入居可能な老人ホームをご紹介します

病名系ワードからご案内

ご病気でも入居可能な有料老人ホームについて

ご年齢を重ねるに従い、何かのご病気にかかる可能性が高まる方が多いかと思われますが、老人ホームの相談センターを運営しておりますと様々な病名を耳にします。

飲みこみ(嚥下)が悪くなることで、刻み食、とろみ食、ペースト食といった介護食で対応されるようになりますし、更に嚥下機能が失われた場合や経口摂取(口からの摂取)による肺炎のなりやすさなどを考慮した場合には、IVH(中心静脈栄養)や胃ろうといった方法にて栄養を摂ることになります。
食事1つとってもIVHや胃ろうといった言葉は、日常では耳にしない言葉ですが、それ以外でもこれまで呆け(ぼけ)に関わる行動障害を痴呆症と呼んでいましたが、その名称を認知症と改めたためまだ馴染みのない方もいらっしゃいます。
その認知症においても種類が色々とあるため、脳血管性、ピック病、レビー小体型などありますし、全く聞いたことのない病名かと思われます。

心臓に疾患があればペースメーカーを使われる方もいますし、肝臓が悪ければ糖尿病の治療をされる方もいらっしゃいます。
若い頃に不摂生をしたからという理由だけでなく、高齢になると血管が細くなるなど機能の低下も起こりますので、突然襲われる病気も多くなります。

このページでは、聞いたことはあるけど一体どういった病気なのか、また、聞いたことはないけど医者に言われたがその病名の内容を知りたい方向けに用語毎にまとめておりますので、老人ホーム入居に限らず在宅介護をされる方にとっても知識の一助となればと思います。

ご案内できる地域

希望のホームを相談員に探してもらう

ご病気でも入居可能な有料老人ホームをご紹介します

老人ホームは、基本的に介護が必要な方がご入居するものですが、お身体のご症状(ご病気)によっては入居できる施設と、そうでない施設がございます。
特に、重度のご病気をお持ちの方にとっては、専門的な医療を受けなければならない場合があり、それに対応できない施設に入居されてもスタッフがうまく対応できないなどの問題も起きてきます。

その場合、例えば認知症なら、一般的な施設よりも、認知症を専門にしている施設に入居された方がスムーズに対応でき、安心感もあると思います。
しかし、一般の方にとりましては、どこの老人ホームが認知症に対応しているのか、認知症を専門に対応しているのか、お探しするのに困難が伴うと思われます。

そこで当センターでは、介護経験のある専門の相談員が、無料で希望の介護施設をご紹介しています。
まずは相談員がお客様のお身体のご状態をお伺いさせていただき、全国約4000件の中から、ご病気の方でも入居可能な老人ホームをピックアップし、ご紹介します。
ご病気でお困りの方は、ぜひ一度当センターまでご相談ください。

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る