ペット(犬・猫)と入れる有料老人ホーム・介護施設をご紹介

ペット(犬・猫)と入れる老人ホームをご紹介します

ピックアップ施設 〜ペット(犬・猫)と入れる老人ホーム〜

ベストライフ星の里の外観の画像

ベストライフ星の里
[ 群馬県富岡市 ]
エクセレント神戸の外観

エクセレント神戸
[ 兵庫県神戸市兵庫区 ]
ローズガーデン倉敷の外観

ローズガーデン倉敷
[ 岡山県倉敷市 ]


アビタシオン千葉の外観

アビタシオン千葉
[ 千葉県千葉市緑区 ]

ご案内できる地域 ※ペット(犬・猫)と入れる老人ホームの一覧ではありません

ペット(犬・猫)と入れる有料老人ホーム・介護施設について

ペットと共に老人ホームへ入居をしたいとご希望される方は決して少なくありません。
ペットは家族同様大切な存在ですが、共同生活の場である施設に、入居できることが果たして可能でしょうか?
答えは地域、施設が限られますがYESです。
小鳥や金魚等といった鑑賞用の小動物なら良いと定めている所は比較的まだ見受けられますが、それ以外となると、ペットでも小型犬、猫に限られます。
また、小型犬、猫に関しては、動いてしまうため、居室の外に出てしまう、吠える、鳴くといったことが他の入居者の生活の妨げになってしまうことが考えられるためほとんどの老人ホームでは、禁止にしています。

ペットが飼える老人ホームは全国でも珍しく、場所や地域、施設の内容に限りがありますが、全くなしという訳ではありません。
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、熊本県といった県では受け入れているところもあります。

数は限られていますがドッグランやペット用のシャワー等が付いている所もあり、散歩といったことまでペットシッターに手配をできる所もあります(ごく少数に限られています)地域や施設の内容(自立型、介護型など)、ご予算によりご紹介できるところはありますので、お気軽にお問い合わせください。

犬・猫を受け入れる際の問題と条件

運営事業者からすると、「他の入居者の中に犬嫌い・猫嫌いな方がいたらどうする?」「施設や居室の衛生面は保てるのか?」といった問題もありますし、「入居者の方が散歩に連れていけなくなったらどうする?」「世話ができないご状態になったどうする?」といった、飼い主が世話ができない状態になったら誰が責任をもつのかといった問題もあります。
当然、身元引受人の方などに事業者から相談はいきますが、飼い主がどうしても離れたくないといった場合、どうすべきかという事態が考えられるからです。
事業者側で世話をする責任がないとはいっても、糞の始末や毛の手入れなど様々な問題が出てきますので、その入居者の衛生管理もできなくなってしまいます。

また、受け入れている老人ホームでも犬の大きさ(体重)に制限を設けているところも多いため、大型犬は受け入れておりません。
ほとんどが小型犬のみとなっており、条件としては頻繁に鳴かないことやしつけができていることが挙げられます。
猫に関しても、頻繁に鳴かない、飼育管理ができることが条件となり、観賞用以外のペットとの入居は選択できる老人ホームが少ないのが、入居が進まない理由となっています。

高額帯の老人ホームの中に受け入れを行っているところがありますが、予算的に難しいケースが多く、場所も限られております。
高額帯とは具体的には1000万円前後以上から5000万円程までの施設です。
また、最初に入居時費用があまりかからない高齢者専用賃貸住宅でも一部受け入れを行っているところもあります。

もし、地域、ご予算等のご条件がお決まりでしたら、お気軽にお問い合わせいただき、受け入れ可能な施設をご案内致しますので、犬・猫と入居できる老人ホームをご検討いただければと思います。

ペット(犬・猫)と入れる有料老人ホーム・介護施設をご紹介します


ご相談・お問い合わせ来社相談FAXで問合わせる
入居相談・無料紹介お問い合わせ窓口


このページの先頭へ